葬儀会社の選定方法

葬式の時につけるアクセサリーのうちでふたえのネックレスはしてはいけません。これをつけると不幸が続くとの意味合いに受け取られます。もちろん根拠はないですが、あえてそんな場で波風をたてるような装飾品はつけないようにしましょう。アクセサリーに悩む場合は何もつけないのが得策です。
友引とはその名のとおり友をひくとの文字から友が冥土に連れて行かれると考えられた迷信を通じて葬儀などをしないケースが多く、この迷信を通じて葬儀場も休業するケースもあります。逆に同じく友を引くため披露宴などのプレゼントを友引にあわせて送る人もいます。
映画などで海外の葬儀のシーンを今までに見た覚えがあるはずですが、葬式は日本とあまり変わりません。教会の中で葬式をして、墓地に遺体を棺と共に運び込み、土の中に棺を宙吊りにして入れます。その間は神父が聖書の言葉を唱えています。棺を埋葬したその上に木を植えて、苗木の大きくなる姿を見守り続ける方も居ます。

日本の人たちの葬式は、9割が仏教形式で開かれているそうです。生前に仏教の信奉者でない人が多いですが、最期は仏式で葬式を行なう人が多いです。僧侶がお経を読み、お焼香があり、出棺も行なわれます。出棺した後は火葬場まで棺が輸送され、そのまま燃やされます。一般的な仏教スタイルの葬儀の流れは以上です。
他界した故人の家族の場合は礼服を身に付けなければ駄目ですが、一般参列者がお通夜や葬式に出るとき、喪服、あるいは最悪通常のスーツでも大丈夫です。会社帰りなど急きょ立ち寄ったお通夜などの場合は、逆に普通のスーツなど平服であった方が自然です。改めて葬儀・告別式のときには喪服に着替えてくればいいのです。
日本列島にはだいぶ前から仏教形式と共に神式の葬式も行なわれています。神式とは僧侶の代わりとして神主が葬儀一式を行ってくれるような式です。お焼香をあげる代わりに玉串(たまぐし)を手向けます。礼2回、拍手2回をして席に戻ります。大まかな流れは仏式と似ています。神官が退場して喪主が代表して挨拶をし、終了です。

葬式で苦労するトラブルが、出席者の名前を間違えて記する事です。特に会社の先輩の呼び名を誤ると、あとでヒドイ仕打ちが待っているかわかりません。突然の出来事でおろおろしているでしょうが、呼び名間違いは絶対NGです。電話だけのやりとりではなく紙にしっかり記しておくことが必要です。
旦那の代行で葬式に出席をしなければいけない奥さんが居るとしましょう。香典袋は主人の名前で包みます。会場に出向いたら、受付で代理だと説明して、ご主人の名前を記帳し、氏名の下に「内」という文字を添えてください。決して代理出席した人本人の氏名を書いてこないでください。故人の遺族が混乱してしまいます。